[コーデ紹介]スウェットのレイヤードと着こなしについて考えてみた

こんにちはSYO(@s_fcbr)です。

 

先日初めてスウェットを購入したため、コーディネートについていろいろ考えてみました。

 

スウェットは寒くなってきた今の時期にどうしても”被りがちなアイテム”

 

だからこそレイヤードで差別化を図り”自分だけの着こなし”を見つけたいですよね。

 

少しクセのあるスウェットを使ったコーディネートにはなりますが、例をいくつかあげていますので是非参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

⓪そのまま

まずはそのままです。一枚で着るとこんな感じ。

 

袖が太く、着丈も長めのスウェットとなっています。

 

デザインが効いているので、普通に一枚で着用してもカッコ良い。

 

そのため、一枚で着るよりもカッコよくなるかというところが今回のポイントとなりそうです。

 

SYO
SYO

袖が太く着丈も長いので正直レイヤードに向いていないところはありますが、、、

新しい着こなしも発見したいのでいろいろ試していきます。

 

スポンサーリンク

スウェットの”中”でレイヤード

王道である”中”に着込んで、首元や裾で楽しむレイヤードを3種類試します。

 

①+”白シャツ”

第一弾はこちらのスタンダードな白シャツを合わせてみます。

 

合わせるとこんな感じ。

 

首元が詰まり、なおかつ襟も加わるため単体で着るよりも少しかっちりとした印象。

 

悪くはありませんが、スウェットがオーバーサイズなこともあってか少し子供っぽくなり学生感が出てしまいます。

 

SYO
SYO

残念ですがこれならスウェット一枚の方がカッコいいと私は感じました。

 

②+”スタンドカラーシャツ”

次はこちら。黒のスタンドカラーシャツを合わせます。

 

スウェットが白ベースなこともあって、黒でレイヤードすると締まりますね。これは結構好きです。

 

スウェットの着丈が長いので裾からは見えません。

 

裾からのレイヤードができていたら、もっと良かったかなとも思います。

 

③+”柄シャツ”

続いて古着で買った総柄のシャツを合わせてみます。

 

目線の集まりやすい首元に紫と黄色がくるため、大きく印象を変えられます。

 

なしではないですが、これもスウェット一枚で着用した方がかっこいいのではと思いました。

 

SYO
SYO

柄シャツはこの使い方だと、チラ見え程度。

柄シャツを着る時は全面に出していく方が好み。

そのためこの合わせ方も残念ながら個人的にはそんなにかなあ。

 

スポンサーリンク

スウェットの”外”でレイヤード

ここからはスウェットの外にいろいろ着ていきます。

 

SYO
SYO

中のレイヤードより、個人的には外のレイヤードの方がしっくりきました。

かなりいい合わせ方も見つけることができて大満足です。

 

④+”コート”

安定すぎるコートの合わせ。

 

首元がすこし寂しい感じがするので、マフラーやストールでボリュームを足したらもっといい感じかも。

 

冬は”スウェット+コート+マフラー”で完璧です。

 

④+”Tシャツ”

かなりオーバーサイズな7部丈のTシャツを合わせてみます。

 

このTシャツはprasthanaの17AWです。

 

合わせるとこんな感じ。この合わせ方すごい良いですね。

 

ベースが白ではなく、黒になりますが、”袖・首元・裾”で白がチラ見えしているので重たくなりません。

 

肩にあるオレンジのバランスもちょうど良く、なかなか良いアクセントになっているのではないでしょうか。

 

SYO
SYO

夏に一枚できることが多いTシャツですが、秋冬にはこういった使い方もできるようで、非常に勉強になりました。

 

 

⑤+”チェックシャツ”

THEEのリズムシャツを上から合わせてみます。

 

いろいろ試しましたが、これが一番好きな合わせ方です。

 

リズムシャツの着丈が短いので、裾のレイヤードがバッチリ決まっています。

 

そしてなにより、袖のレイヤードが非常にいい感じ。

 

無意識の内に”袖が太いアイテム”は、”細身のアイテム”と相性が良いと決めつけていましたが、そんなこともないようで。

 

”ワイドスリーブ×ワイドスリーブ”は相性が抜群だと言うことを初めて知りました。

 

全体としては少しクセが強めなコーディネートなので好みは分かれそうです。

 

THEEのリズムシャツを羽織として使うときは、ジャストサイズの白Tを合わせて”リズムシャツ”を主役にしていました。

 

ですが、今回の合わせ方は”スウェット”も主役になるので、主役級が二つ。

 

デザインの効いたアイテム””デザインの効いたアイテム”を合わせ、主役をふたつにすることで俗に言う”こなれた着こなし”ができた気がします。

 

スポンサーリンク

番外編

SYO
SYO

このスウェットはサイドから見た時が一番かっこいいんだぜって紹介だけさせてください。

 

今回使用したスウェットは上記事で詳しく紹介していますが、わかりやすい特徴としてサイドにドローコードがあります。

 

そのため、このようにインナーとして使ってもかなり個性的。

 

コードがいいアクセントになっているので、横から見てもめちゃめちゃカッコ良くないですか

 

特にスリットのあるアイテムを合わせると、スリットからドローコードが覗くのでさらにオシャレな印象になります。

 

スポンサーリンク

まとめ

スウェットを使用したコーディネート紹介ということで、さまざまなアイテムと合わせてみました。

 

相性が良いと思っていたアイテムが実はそんなにだったり、普段合わせないようなアイテムが実は相性が良かったりといろいろ気づくことができて私自身勉強になりました。

 

もうすっかり寒くなり秋も終盤。

 

いろいろ着込むことができる季節となりました。

 

スウェットに限らずレイヤードがうまくできるとワンランク上の”こなれた着こなし”ができます。

 

皆さんも是非さまざまなアイテムを組み合わせ、”自分だけの着こなし”を見つけて一緒に”秋冬のレイヤード”を楽しみましょう!

 

SYO
SYO

インスタグラムをひっそりとはじめました!

ブログには載せていないコーディネートをいろいろ載せています。

是非いいねとフォローをお願いします!

アカウント:SYO(@s_fcbr)

 

コメント