ANEI(アーネイ)を知らないなんてもったいない。ANEIの魅力と20SS購入品紹介。

皆さんは「ANEI」というブランドをご存知でしょうか。

ANEIは作りこまれたデザインだけでなく、素材や色合いが非常にツボで、個人的に大注目のブランドです。

人気なアイテムはほぼ即完で、入手が難しいことでも有名です。

今回は、一枚で雰囲気を出せるオススメのカットソーとともに「ANEI(アーネイ)」の魅力を、徹底解説していきます。

スポンサーリンク

ANEIとは

引用:ANEI LOOK 2019AW

羽石裕さんがデザイナーを勤める19SSよりスタートしたドメスティックブランドです。

19SSよりスタートということで、比較的新しいブランドになりますね。

ANEIの由来は、デザイナーさんの名前である「HANEISHI」の間を取って「ANEI」というブランド名になっています。

ブランドコンセプトは「NEXT HERITAGE」。

次世代、未来に残るものづくりをブランドコンセプトに、日本の伝統文化、生産背景、技術を世界に発信し、さらなる発展を目指し活動しております。

引用:Tokyo Fashion Award About ANEI

未来に残るモノづくりということで、長く着用できる素材にこだわるのはもちろんのこと、デザインにもこだわっているブランドです。

アーネイは、「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」や「Y-3」でパタンナーや企画、「ビズビム(VISVIM)」で生産管理を経験した羽石が「自分の考えるものを作ってみたい」という思いから立ち上げ、2019年春夏シーズンにデビューしたばかり。

引用:Fashion Snap About ANEI

様々なブランドに携わっていた経歴よりブランドスタート前(アイテム発表前)からかなり注目されていたブランドです。

特長① デザイン性の高さ

ヨウジヤマモトのパタンナーをしていたこともあり、デザインが効いているアイテムが多くあります。

引用:ANEI LOOK 2019AW

このアウターは「日本の羽織」をモチーフにしており、ノーカラーでボタンがありません。

更にドローコードが垂れ、アームがかなり太くなっています。

かなりデザインの効いた一着になっていますね。

シンプルな洋服も多くありますが、こういったデザイン性の高さはANEIの強みではないでしょうか

特徴② 繊細な色味

ANEIのデザイナーはヨウジやY-3に携わっていましたが、ANEIでは決して黒のアイテムが多いわけではありません

どちらかといえば「繊細かつ絶妙な色味」のアイテムが多いです。

引用:ANEI LOOK 2019SS

引用:ANEI LOOK 2019AW

上が19SSで下が19AWのルックになります。

どちらも春と秋の季節感を感じられる色見ですね。

恐らく記載なしでもどちらがSSでAWか分かったのではないでしょうか。

色がはっきりとした色味ではなく「中間色」、俗に言う「くすみカラー」で柔らかい雰囲気になっています。

こういった「繊細な色味」を得意としているブランドで、20SSでも絶妙な色合いの洋服が多くラインナップされていました。

価格帯

ざっくりこの辺りです。

・カットソー:¥10,000~¥20,000
・シャツ:¥30,000~¥40,000
・パンツ:¥30,000~¥40,000
・アウター:¥35,000~¥85,000

やはり、デザイン性と素材にこだわっているドメスティックブランドですので多少値段はしてしまいます。

スポンサーリンク

CREW NECK LOOSE

今回私が購入したアイテムは、CREW NECK LOOSEという名前のカットソーになります。

色はPINKで素材はコットン100%。

ハリのあるコットンではなく、ドレープ感のある柔らかいコットンになっています。

デザイン

シンプルながらも「クセのある個性的なカットソー」になっているため簡単に紹介していきます。

まず、フロント切り替えになっています。

ですが切り替えラインは中心にないアシンメトリーなデザインです。

また、裾は段違いになっています。アシンメトリーをより引き立たせるデザインですね。

短くなっている裾にのみ深めのスリットが入っています。

後見頃はかなり普通ですが、バックネックにV字のカッティングが入っています。

裾の長さやスリットとアシンメトリーが多く練りこまれています。カットソーながらも、デザインの効いた一着ですね。

一枚で雰囲気を出すことができる主役級のカットソー」をお探しの方に是非お勧めできるアイテムです。

スポンサーリンク

着画

ANEI 20SS カットソー着画

身長178cmやせ型の私でサイズ2を着用しています。

オーバーシルエットで身幅は広めですが、着丈が長すぎないのですっきり収まっています。

ANEI 20SS カットソー着画

アームは太めに取られています。若干袖も長めですね。

深いスリットが両サイドではなく、片側にしかないことでいいアクセントになっています。

やはり素材にこだわっているブランドだけあって、生地はかなり柔らかく肌触りは抜群です。私はこんなに着心地の良いカットソーに出会ったのは初めてです。

価格は¥18,000とカットソーにしては高めですが、着心地とデザイン性から納得のいく価格設定です。

スポンサーリンク

まとめ

今回はANEIに焦点を当ててみました。

私は普段モノクロの服ばかりで「色モノ」を購入することはほとんどなく、実はピンクの服を購入したのは初めてです。

色味が本当に絶妙な「くすみカラー」で、これなら私でも「春らしさ」をコーディネートに入れられると思い購入しました。

色モノ」に挑戦してみたい方や、クセの利いたデザインを楽しみたい方は「ANEI」是非チェックしてみてください。

もちろん現在も人気であることに違いはありませんが、デザイン性の高さや繊細な色使いから、「YOKE」「AURALEE」「stein」のような爆発的人気が出て、今以上に入手が困難になる日も近いのではないでしょうか

コメント