[#大人のファッション]ANEIの定番シャツが名作すぎたので詳しくレビュー

こんにちはSYO(@s_fcbr)です。

 

今回は私が大ハマりしているブランド”ANEI”から、毎シーズン出ている定番シャツをご紹介していきます。

 

ANEIについては下記でも詳しく紹介していますが、色使いとシルエットが抜群に上手いブランドだと感じています。

 

定番アイテムのシャツと聞くとベーシックなアイテムを想像しがちですが、ANEIが出しているだけあって少しクセもありつつ、でもどこか大人っぽくかっこいい。

 

そんなシャツに焦点を当てた内容となっています。

 

周りと被らないシャツをお探しの方にもお勧めの内容です。

 

スポンサーリンク

ACTIVE SIDE SLIT SHIRT

早速今回ご紹介するアイテムがこちら。

ANEI(20AW)の”ACTIVE SIDE SLIT SHIRT”(アクティブサイドスリットシャツ)です。

 

価格は¥30,800(税込み)

 

冒頭で定番とご紹介しているように、”ACTIVE SHIRT”はANEIで毎シーズンリリースされているアイテム。

 

ブランド設立当初から展開されています。

 

定番アイテムではありますが、シーズンによって”カラー展開”・”素材”・”ドローコードの有無”・”前立ての作り”など、ディティールがかなり異なってきます。

 

SYO
SYO

ちなみにどれくらい違うか素材だけで簡単にご紹介すると、

”21SSは和紙が混紡された素材”、”20SSではコットン100%”、”19AWではナイロン100%”でリリースされていました。

 

アップデートを繰り返してリリースされるため、気になったカラーやディティールのものは即購入がオススメです。

 

私が実際に着てみて感じた魅力は以下4点

・大きすぎない絶妙なシルエット
・他ブランドと被らない絶妙なカラーリング
・袖のゆるっと感
・インナーにもアウターにも使える万能性

 

上記魅力に加えて、”ACTIVE SHIRT”の特徴を着画と交えてご紹介していきます。

 

シルエット

まずシルエットは全体的にオーバーサイズです。

 

かなりゆったりとした作りで、身幅はかなり大きめ。

 

身幅だけ見ると着用が難しそうですが、着丈は短めなのでオーバーサイズながらすっきりと着用できます。

 

実際に着てみるとこんな感じ。

 

先述したように着丈もそこまで長くないので、”大人っぽさ”を感じられるオーバーサイズに仕上がっています。

 

SYO
SYO

シルエットも綺麗なので困ったらこれを着れば間違いないかなと思う一軍の一着です。

 

そして、裾はボックスカット。羽織としてブルゾン風に着用することも可能です。

 

また、両サイドには”深めのスリット”が入っています。

 

スリットが深くとられていることで、着用した時の動きが非常にきれいにでます。

 

立体感も出るため、シルエットもすっきりとした印象に。

 

SYO
SYO

かなり深いスリットなので、レイヤードが楽しめるのもいいですね。

 

色合いと素材感

このシャツの一番の特徴はなんといってもこのカラーリング。

 

色合いに一目ぼれして購入したといっても過言ではありません。

 

赤とオレンジを混ぜたような色味になっており、

秋の終わりを告げるような”色が濃くなった紅葉”を思わせるカラーが印象的です。

 

ちなみにカラー名はBRICK(レンガ色)

 

どこかで見たことがある気がするけど、探しても見つからない”ANEI独自の絶妙な色合い

 

ANEIは本当に色使いがきれいで、このアイテム以外でも”ANEI独自のカラー”が数多く展開されています。

 

いい色は売り切れることも早いので、気になった方は早めのチェックをお勧めします。

 

 

そして、素材はリヨセル68%・コットン32%。

 

リヨセルを使っていることで”きれいな光沢とドレープ感”がありますが、コットンも混ざっていることで適度な”ハリ感”も感じられます。

 

光沢とドレープ感、そしてハリ感が両立している上品な雰囲気の素材。

 

さらにこれで手洗いOKなのもうれしいところ。

 

生地の厚さは薄すぎず分厚すぎずなので、”AW”のアイテムではありますが、季節に囚われずオールシーズン楽しめるのもいいですね。

 

カフスとボタン

このシャツの個人的推しポイントはこの袖の部分。

 

着るとこんな感じで、袖のゆるっと感がたまりません。

 

そして袖口にはボタンが付いているため、2段階の調節が可能です。

 

袖をストンと落として着るだけでなく、手首に生地を溜めてボリュームを出しながら着たりと、2通りの着こなしを楽しむことが出来る点も特徴です。

 

そしてボタンはすべてメタルのスナップボタン。

 

前シーズンでは普通のボタンが付いていましたが、メタルになることでコーチジャケット風に着用できそうです。

 

ちなみにフロントボタンの上二つ以外は比翼仕立てになっていて、見えない作りに。

 

<br>SYO

SYO

メタルボタンでカジュアルにしつつも、ボタンが見えないことでカジュアルになりすぎずどこか大人っぽい雰囲気のシャツに仕上がっています。

 

変形スリーブ

カラーリングを除くと、このシャツの一番の特徴はここです。

 

スリーブがANEIならではの特殊なパターンを用いた変形スリーブになっています。

見て頂くとわかるように肩から袖口までハギの無い続き袖で、ヨークから袖までが続き袖になっています。

動作をするためのゆとりをしっかりと確保しているので、肩周りにストレスを感じずに着用が可能です。

SYO
SYO

着てみるとわかりますが、本当に楽です。

 

細かい点ではありますが、ブランドの個性もかなり感じられて本当にカッコいい。

ポケット

左胸にはANEIのロゴがあしらわれたボックスポケットが付いていて、

上からではなく横から入れる構造になっています。

 

ぱっと見た感じポケットに見えず、ロゴも主張が控えめでお気に入りポイントです。

 

サイズは二つ折りの財布も入る程度の大きさになっていて、スマホ程度であれば余裕で入ります。

 

スポンサーリンク

まとめ

ご紹介したように、一枚で着てもかっこいいこのアイテムですが、

 

こんな感じで、ブルゾン風に使ってもかっこいいです。

 

秋冬の寒くなってきた時期は、こんな感じでコートの下にインナーとして使ってもカッコよく決まります。

 

価格が3万円と根が張るアイテムではありますが、”他ブランドには絶対にないカラーリング””シルエット””使い勝手の良さ”から、3万円の価値は十分にあるアイテムだと感じます。

 

ANEIに手を出してみたいけどどれから変えばいいのかわからない方は、このACTIVE SHIRTがまず間違い一着なのでオススメです。

 

ANEIについては下記でもレビューしていますが、スウェットやカットソーもオススメですよ。

  

SYO
SYO

インスタグラムをひっそりとはじめました!

ブログには載せていないコーディネートをいろいろ載せています。

是非いいねとフォローをお願いします!

アカウント:SYO(@s_fcbr)

 

この記事を書いた人
SYO

◆20代のエンジニアをしている理系
◆ファッション・音楽を中心に自分の好きを集めたブログを始めました
◆服装は基本モノクロ。最近色モノに挑戦中

SYOをフォローする
購入品レビュー
スポンサーリンク
理系のファッションROCK

コメント