[2020年ベストバイ]sulvamのテーラードジャケットをレビュー。

こんにちはSYO(@s_fcbr)です。

 

21SS一発目の購入品紹介はsulvamのジャケット。

 

最近ジャケットがマイブームで、

 

こんな感じにコートの下に着用したりとよく着ています。

 

SYO
SYO

もう一着欲しいなあと思っていた矢先にsulvamの21SSが立ち上がっていて、デザインがツボすぎて購入してしまいました。。。

 

定価が¥83,600(tax in)と正直かなりいい値段がするアイテムですが、デザインやディティールのこだわりが半端ではないので本当に買ってよかったと思えるアイテムです。

 

テーラードといえばsulvamというイメージを持っている人も多いかと思いますので、その魅力やディティール、着画をご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

classic short jacket

大きな特徴としては3つ。

 

・裏地とのレイヤード
・大胆にあしらわれたカットオフ
・ジャケットとしての完成度の高さ

 

ここまで大胆にデザインが施されているのにテーラードジャケットとしてしっかり作り込まれているいい意味でギャップが大きいアイテムです。

 

では早速見ていきましょう。

 

レイヤード

一番目を引くのはレイヤードされているポケットと裾部分ではないでしょうか。

 

通常は表に出てこない裏地を長めに設定しレイヤードさせています。

 

個人的に黒のジャケットはどこか綺麗目にキマリすぎて普段使いには少し難しい印象。

 

ですがこのジャケットは白が垣間見えるデザインになっているため、黒ジャケットほど重たさを感じず着用できます。

 

白の裏地はキュプラ100%、キュプラらしい綺麗な光沢感のある生地になっています。

 

このキュプラが滑らかすぎて、袖通りが最高。

 

ここまで滑らかで肌触りが良いと、ジャケットなのにずっと袖を通していたいと感じる一着です。

 

SYO
SYO

肌触りがいいことはもちろんのこと、白黒のコントラストが綺麗すぎてずっと眺めてられそうです。

 

裏地は完全には縫われておらずこのようにめくれます。

 

ここが2枚の独立した生地になっていることで、風でなびいた動きが本当にカッコいい。

 

SYO
SYO

体の動きに合わせて布がゆらめいて、白の裏地が見え隠れするかっこよさといったらもうたまりません。

 

ちなみに左ポケット下にはsulvamのロゴがあしらわれています。

 

そして、このジャケットは後ろ姿が本当にカッコいいんですよ。

 

後ろも裏地の方が長いデザインで、左右にあるベントは長さも位置もバラバラ。

 

開いたようなデザインのため、ベントからは常に裏地が見えています。

 

首元から下にかけて斜めに断ち切られたようなラインは布の切り替えになっており、よく見ると裾部分が段違いに。

 

SYO
SYO

裏はsulvamらしいかなりモードなデザイン。

冬はコートの下にこのジャケットを着ることが多いのですが、このデザインを隠してしまうのはもったいないなあと感じてしまいます。

このアイテムをメインにして出かけたいので、早くも春が待ち遠しいです。

 

カットオフ

もう一つ目を引くポイントは大胆に施されたカットオフ。

 

綺麗目の代表格であるジャケットに”カットオフのデザイン”を大胆にあしらっており、かなりモードな一着に仕上がっています。

 

カットオフだけでなく、裁縫を途中でやめた糸が垂れているものもあるので下に垂れている長さはバラバラ。

 

後ろの切り替えもカットオフになっており、その横にはよく見るとクロスのステッチが。

 

このステッチも途中までしか縫われていないため、糸がだらんと垂れています。

 

ちなみに素材は表地ウール100%、裏地キュプラ100%

 

オリジナルで作られているウールギャバになっており、適度な光沢が特徴的でウールギャバらしいドレープとしなやかさも併せ持っています。

 

デザインの秀逸さはもちろんですが、一番驚いたポイントはこのジャケット異常に軽いんですよね。

 

軽さがあることでジャケット特有の肩こり少なく、着用していて楽なことも特徴の一つです。

 

SYO
SYO

カットオフになっておることも理由の一つかとは思いますが、生地自体の軽さがそのまま表れていると感じます。

 

スポンサーリンク

ジャケットとしてのディティール

デザインに目を惹かれがちですが、ジャケットとしての完成度も抜群。

 

ここからはスーツの目線でこのジャケットをみていきます。

 

前のボタンは、礼服などで見られることが多いワンボタンとなっています。

 

そのことで襟の形がシャープでスマート。

 

カットオフのデザインとは正反対に非常にフォーマルなスタイルです。

 

ラペルロールもふんわりと立体的に仕上げられています。

 

そしてこのジャケットには少し厚めの肩パッドが入っています。

 

今の感覚であれば肩パッドがあるなんて”時代遅れで着用しにくくなる”と思ってしまいますよね。

 

私もそう思っていましたが、着用してみると全くそんなことはなく、肩のシルエットが驚くほど綺麗に出て驚きました。

 

フロントにはシルエットを綺麗に見せるためのダーツが設けられています。

 

袖のボタン数は5つ、もちろん本切羽で袖を開けられます。

 

よく見ると袖は少し段違いに。ボタンが5つあることも相まって袖部分も目を引くポイントになっています。

 

着画

グレーのスラックスと合わせてみました。

 

身長178cm痩せ型の私でMサイズを着用しています。

 

カットオフは遠目から見るとそこまでわからないので見た目ほど着用は難しくないアイテムだと感じます。

 

ここまで寄るとほつれと垂れている糸がよくわかりますね。

 

横からのシルエットもカッコ良すぎる。。。

 

後ろ姿はこんな感じ。

 

上部の綺麗に作られたディティールに対し、下部のデザインが荒廃的でギャップがたまりませんね。

 

黒のスラックスと合わせてセットアップ風に着て見ました。

 

セットアップって上手く着こなさないと寝巻きみたいになっちゃいますけど、このアイテムは白の裏地がアクセントになっているのでまったくそんなことを感じさせません。

 

SYO
SYO

2021年春の一張羅はこれでキマリです!!

 

スポンサーリンク

まとめ

sulvamのジャケットをレビューしました。

 

デザインだけでなく、ディティールがこだわり尽くされていて最高です。

 

年の瀬に最高の一着を購入してしまいました。

 

SYO
SYO

間違いなく2020年のベストバイです。

 

クリーニング断られないかなと不安ですが、これから2021年にかけてガシガシきて体に馴染ませていきたいです!!

 

SYO
SYO

インスタグラムをひっそりとはじめました!

ブログには載せていないコーディネートをいろいろ載せています。

是非いいねとフォローをお願いします!

アカウント:SYO(@s_fcbr)

コメント