[SPENCO]見た目はダサいけど、疲れない最強のインソール見つけた

最近一番気に入っているスニーカーが、ミハラのハンク。

 

下記で紹介するぐらい気に入ってるんですけど、一個問題がありまして。

 

足がすぐ痛くなるそして疲れる。

 

このスニーカー見た目に対して、性能が・・・

 

まず重い、そして、クッション製が皆無。

 

多分ローテクってこんなもんなんでしょうけど、私普段ハイテクスニーカーしか履かないので、足が甘やかされてるんですよね。ブーストとエア最高。

 

とはいっても、見た目は気に入っているので、なんとかして履きたいのが、このスニーカー。

 

解決策がないか、色々調べてみると「インソールを変えると歩きやすくなるよ」って意見を発見。

 

「流石にインソール変えただけだと、何も変わらんやろ」と疑いながらも、評判の高かったインソールを買ってみました。

 

そして、半信半疑でインソールを更新すると、

 

2時間程度で限界が来ていたスニーカーが、半日履いても疲れない一足になりました。

 

まじで盛ってないですよ?(笑)

 

「見た目は気に入っているんだけど、ある着心地がイマイチ」「ちょっとサイズでかいんだよな」って人におすすめのインソールなので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

SPENCO RX Comfort Insoles

今回私が買ったのはこちらの「スペンコRX コンフォート インソール 」という商品です。

 

価格は¥1,299

 

インソールは100均に売られていることを考えると、少し高いですが、この値段ならまだ失敗してもいいかなと思える値段だったので、思い切って買ってみました!

 


SPENCO

SPENCOというメーカーについて全く知らなかったので、これを機に少し調べてみました。

 

SPENCO

1967年 米国ユタ州ソルトレイクシティにおいて、身体医学とリハビリテーションのスペシャリストであるウェイマン・スペンス博士によって設立されたスぺンコメディカル社。

1971年にテキサスに拠点を移し、本格的にインソールの開発と生産を拡大しました。スぺンコインソール製品の最大の特長は、足病理学に基づいた製品であるということです。地面からの衝撃を吸収し、骨格の移動を円滑に行うことができる素材と機能で製作されています。

スぺンコインソール製品は、米国足病理学会の推奨製品です。米国を起点に、今では世界70か国で販売されています。

引用:SPENCO

一言で言うと「医学に基づいてインソールなどの開発・製造をしているメーカー」のようですね。

 

歴史もあるメーカーのようで、そこは安心していいのかなと思います。

 

メーカーHPも見てみましたが、スポーツごとに最適なインソールを提案していおり、かなり面白いメーカーですね。ちょっと他の製品にも興味が湧きました(笑)

 

SYO
SYO

しっかりしたメーカーが作っているため、ここは100均にはない魅力だと思います。

 

ちゃんと医療に基づいた設計がされていることは、個人的にかなりポイント高めです。

 

RX Comfort Insoles

製品名はRX Comfort Insolesで、一番の特徴は「重ね履き用」であること。

 

インソールを交換するのでは無く、今のインソールの上に重ねて使います。

 

そのため、厚さは5mm程度。

 

「足病理学に基づくスぺンコ独自の衝撃吸収設計」がされていることのようですが、「この厚さでクッション性が上がるの!!??」と少し疑っちゃいますね。

 

ちなみに3サイズ展開で「23.5ー25cm」「25ー26.5cm」「26.5ー28cm」から選べます。

 

今回私は27cm相当であったため、一番大きなサイズである「26.5ー28cm」を購入しました!

 

SYO
SYO

今回中に入れるスニーカーのサイズが少し大きめなので、インソールでサイズアップができて一石二鳥になるかと思いきや、少し薄すぎました(笑)

 

狙っていたサイズアップにはなりませんでしたが、それは一旦置いときます。

 

履いてみて

つけてみるとこんな感じ、見た目がダサいのは一旦置いといて、

 

めちゃめちゃ歩きやすい!!!!!

 

「5mm程度のインソールでなんか変わるんか?」とおもってた自分を恥じたい。

 

個人的には結構衝撃です。

 

正直なところ、わかりやすく「クッション性が上がった!」ってわけではないのですが、歩いていてもほとんど疲れなくなりました。

 

今までだと、2時間程度で限界が近くなってたこのスニーカー。

 

長時間歩くときはこのスニーカーを避けてましたが、インソール変えてからは、丸半日外出してても全然疲れません。

 

ほんとなんでだろってぐらい、疲労感が全然違いますね。

 

2時間限界から半日OKの靴に大出世です。帰省の時履いて帰ろ(笑)

 

もちろん個人差はあると思いますが、他のハイテクスニーカーと遜色ないくらい疲れなくなったので、かなり大満足です!

 

欠点

欠点はただ一つだけ。

 

めちゃめちゃ緑であること。

 

カラー展開はこちらのみなので、強制的に緑色。

 

真っ黒の靴と並べると、浮き具合が露わに。

 

どこか現場っぽさを思わせる緑色。

 

絶縁されてそう〜〜

 

でも歩きやすさは本当に段違いに良くなったので、外すことは今のところないです。

 

一周回ってここまで緑やと、話のネタになりそうなので、それはそれでいいかなって、ポジティブに考えます。

 

今回私が購入したのは重ね履き用のモデルですが、こういったインソールを完全に交換するモデルもありました。

 

ただ、こちらは価格が4500と少し勇気のいる価格。

 

さらなる快適を求めたい人にはいいかもしれませんね!

 

個人的には価格も加味すると、この重ね履き用のインソールがおすすめです。

 

1300円でこの快適さが買えるなら、正直かなりありだと思います。

 

同じミハラの歩き心地に悩まされている方は是非。

 


 

ではまた。

 

 

この記事を書いた人

◆20代のエンジニアをしている理系
◆ファッションを中心に自分の好きを集めたブログです
◆Youtube始めました!

SYOをフォローする
スニーカー/革靴
スポンサーリンク
Soneshan | 理系のFashion Blog

コメント