[スニーカーリメイク]adidasのYeezy boostを黒染めカスタムしてみた。

こんにちはSYO(@s_fcbr)です。

 

突然ですが、”あまり使わなくなったのに、捨てられないモノ”ってありませんか。

 

”もう使わないなら売ったり、手放せばいいのに”って心の中では思うんですが、思い出が詰まってると、名残惜しくなってしまい捨てられないですよね。

 

こんなんじゃミニマリストには一生なれないなと思いながらも、こういう思い出を大事にしていきたい派の私が捨てられない一足がこちら。

 

adidas Yeezy Boost 350v2 sesame

 

そう、”Yeezy boost”です。

 

カラーはsesame、アッパーは"グレーのような灰色のようななんとも言えない色”になっています。

 

そして、ソールは"白とガムソールの切り替え"、ストリートというよりもかなり”ナチュラルなテイスト”のYeezyだと感じます。

 

ストリートっぽくないyeeyzっておもろいなと思い、2018年に購入

 

"履き心地とデザインが最高”で、毎日のように履いてたんですけど、最近はあまり履かなくなっちゃって。

 

他にお気に入りの靴も増えたってのもあるんですけど、

 

それ以上に”このナチュラルなsesameカラーが今の服と合わせにくくて・・・"

 

SYO
SYO

やはり4年も経つと、服の好みがガラッと変わりましたね。

 

昔は白のスニーカーや革靴も履いてましたが、今は黒のスニーカー1択。

 

手持ちのスニーカーは全て黒のスニーカーしかありません(笑)

 

でも、デザインと履き心地は最高で、本当にお気に入り。色さえなんとかなれば毎日履きたいそんな一足です。

 

売ってしまおうかとも思ったんですが、友達と海外旅行で買った思い出付きで、なんか捨てにくくて(笑)

 

 

ということで今回は、この履かなくなったYeezy boostを黒染めしていきます!!!

 

スポンサーリンク

早速染めていく

前準備

まずは紐を外して、洗います。

 

汚れを取るってのもありますが、防水スプレーをきちんと落とします。

 

ちゃんと防水スプレーをしていたので、水をかなり弾く。

 

私はハンドソープと歯ブラシでしっかり洗いました。

 

黒染め

汚れをとって、しっかり乾燥させたらついに染めの作業。

 

今回使用するのはこちら。

 

”染めQ”です。

 

服を染める場合は、”粉タイプの染料”が主流ですが、今回は”スプレータイプ”を使います。

 

SYO
SYO

理由としては、このスニーカーの成分が不明であったため、化学繊維が染まりにくい粉タイプの染料を避けました。

 

温度を80度近いお湯にすれば、化学繊維でも染めることもできそうでしたが、手間がかかりすぎるので今回は手軽にスプレーで染めていきます!!

 

公式の使い方としてはこんな感じ。

①スプレーしたくない箇所を、新聞紙やマスカーなどでカバーしてください。

②スプレーの飛び散り防止に、周辺の壁や床面なども同様にカバーしてください。塗装する前に【染めQクリーナー】で、塗装面の汚れや油分を落としてください。油分や汚れが残っていると【染めQ】の付着を悪くするので完全に除去してください。

③【染めQ原色】は、使用前に十分に撹拌してください。【染めQエアゾール】は、使用前に上下に1分程度よく振ってください。使用中も時々振ってご使用ください。手を素早く動かし薄く色付く程度にスプレーします。3分ほど乾燥時間を取りお好みの色になるまで薄く塗り重ねてください。

※ムラや割れ、剥がれの原因になるので、一度に厚くスプレーしたり、塗装面とスプレーとの距離が15cm以上離れ過ぎないように注意してください。

※上下左右と様々な角度からスプレーすることで、ムラがなくきれいな仕上がりになります。

③15分以上乾燥させてください。(気温20℃、湿度60%の環境下での目安)

引用:染めQ

 

一度に厚く塗らないことが、ポイントっぽいですね。

 

仕上がりへの影響が大きそうです。

 

そんなわけで、1回目の塗装

ひとまずこれぐらいにしときます。

 

この段階ではシンプルに汚れたスニーカー(笑)

 

続いて、2回目の塗装

若干濃くなったかな?

 

どんどんいきます。

 

続いて、3回目の塗装

かなりいい感じに色が入ってきました。

 

4回目でスプレーを使い切ったので、終了!

 


完成

そんなこんなで完成。

 

どうです?かなり良くないですか!?

 

ちなみに紐はABCマートで買ってきました(笑)

 

前から見ても、きれいに染まってます。

 

後ろもかなりきれい。

 

ソールのプラパーツにもきれいに黒が入ったため、何の違和感もありません。

 

ちょっと失敗した部分としては、ソールとアッパーの付け根の部分。

 

スプレーがあまりかからなかったのか、少し薄めです。

 

ちなみに履き心地ですが、最初は生地が硬くなっており、違和感がありました。

 

ですが、2−3回履くと、いつもの柔らかさになったため、今ではいつも通り履いています!

 

靴下への色移りもなくいい感じ。

 

ニット素材やキャンパス素材のスニーカーで、色変えたいものはこういったリメイクをしてみてもいいのではないでしょうか。

 

今回使用した染料

 

他、染色リメイク記事

 

ではまた。

SYO
SYO

インスタグラムをひっそりとはじめました!

ブログには載せていないコーディネートをいろいろ載せています。

是非いいねとフォローをお願いします!

アカウント:SYO(@s_fcbr)

コメント