古着でTシャツは買うな!? 失敗談から語る買わない方がいい理由。

みなさんは古着を利用されることはありますか

タイトルで「古着でTシャツは買うな!?」と否定的な意見を書いてますが、私は古着が好きでよく利用します。

特にヨーロッパ古着が大好きで、これまでに「シャツ」「パンツ」「コート」と様々なアイテムを購入してきました

SYO
SYO

ですが、私は古着で”Tシャツ”だけは買わないようにしています。

古着のTシャツって、”くたっとした質感”や”新品にはない色落ち”が最高にカッコイイと思うんだけど、なんで買わないの??さては古着アンチだな??

古着アンチではないのでご安心を(古着を根っから否定、批判をする記事ではありません。)

今回は私がなぜTシャツを古着で買わないのか、”失敗談”をもとに、古着とTシャツについてつらつらと思うことを記載していきます。

これから古着デビューを考えている方に是非お勧めの記事です!

スポンサーリンク

古着の種類

古着屋の店内

まずは、せっかくなので古着について簡単に触れておきます。

古着と一概に言っても古着に種類がありますね。

細かく分類すればきりがないので、ざっくり三種類に分けました。

海外買付古着屋
→ヨーロッパやアメリカの19XX年アイテム中心。ビンテージアイテムなど。

ブランド古着屋
→ハイブランドやドメブラ中心。カインドオルなど。

リュース古着屋
ノンブランドからブランドものまで様々。セカンドストリートなど。

古着の価格と綺麗さを表したグラフ

この3種類を「価格」と「アイテムのキレイさ」で表すとこんな感じ。

今回は海外古着に関してはあまり触れずに進めていきます。

あくまでも簡単なイメージですが、

ブランド古着屋はリュースの古着屋に比べると比較的状態の良いアイテムが多くあるが、その分価格は高いイメージです。

今回はこのブランド古着屋で購入したTシャツが事の発端です。

購入した古着Tシャツ

早速私が「失敗した買い物」だと感じた古着Tシャツを紹介します。

それがこちら。

「 NOMA t.d.」というドメスティックブランドのようで、おそらく元値は¥7,000-¥10,000程。ベースは水色ですが、色あせが古着らしくていいですよね。

購入した価格は約¥4,000でブランドが好きで購入を決めたわけではなく、水色ベースに黒のグラフィックが当時の気分にぴったりだったため、デザインに惹かれ購入しました。

先程も記載しましたが、購入した場所は「ブランド古着屋」です。

購入当初はキレイな状態だったのですが、全体的にヨレが目立ちますね。

着用は5回ほどになります

首元は若干ヨレてます。

裾がかなりひどくなっており、波打っていることが分かります

お世辞にも状態がいいとは言えませんよね。

もちろん状態が悪くないことを確認しTシャツを選んだつもりでしたが、今までのダメージが蓄積されていたのでしょう。

着用3回目ぐらいからヨレが目立つようになってきました。

3回でこれだと流石に「もったいない買い物」をしてしまったと後悔しています。

スポンサーリンク

Tシャツを買わない方がいい理由

ハンガーラックにかかったTシャツ

Tシャツを古着で買わない方がいい理由、

それは「寿命が短いアイテム+蓄積されているダメージが不透明だから」です。

まず、Tシャツは首元や裾などヨレが起こりやすく目立ちやすいです。

そのため一般的にはシャツやパンツに比べるとTシャツは寿命が短いアイテムに分類されます。

もちろん、ほとんどの方が既にヨレているアイテムを購入することはないでしょうし、購入する際は比較的状態の良いモノを選んでいるはずです。

ですが、どれだけ「状態が良く見えるTシャツ」や「生地が頑丈で長持ちするTシャツ」を選んでも、それまでにどういった扱いを受けているかはわかりません。

着脱の仕方一つで衣服へのダメージは変わってきます

そして、着脱の仕方だけでなく、洗濯の方法でもダメージの蓄積は変わってきます

手洗いなのか、ネットに入れて洗濯機なのか、洗濯機でそのまま洗っているのか。

いくら生地が頑丈で長持ちするといっても、ネットに入れず洗濯機で多くの衣類と一緒に洗っていたら受けるダメージは計り知れません。

こういった取り扱いの積み重ねがダイレクトに衣服の寿命へ影響を与えています

まとめますと、

Tシャツは”洋服の中でも寿命が短い”。

そして、古着の全体的なデメリットとして、”蓄積されているダメージが不透明”ということが挙げられます。

古着のTシャツでは、「寿命が短い+残りの寿命が不透明」と購入するにはいささかデメリットが多いと考えられます。

私もその点は十分注意しているつもりでしたが、現に失敗してしまいました。

スポンサーリンク

まとめ

古着屋の風景

もちろん古着特有のくたっとした感じが好きで、ヨレを楽しむために購入している方も多いでしょう。批判するつもりは全くありません。

ですが、私はどちらかといえばヨレのないアイテムが好きで、古着のなかでもきれいなアイテムを購入したつもりでしたが、結果すぐにヨレてしまい少々悲しい気持ちになりました。

正直もったいない買い物をしてしまったと感じたため、おそらく今後Tシャツは新品を購入していきます。

くたっとした質感や色落ちを楽しみたいわけじゃないよって方は、Tシャツは新品で購入することをお勧めします。

上記で記載しているように、どれだけきれいに見えてもやはり古着であることに違いはありません。

仰々しいタイトルでしたが、私が考える「古着でTシャツを買わない方がいい理由」いかがだったでしょうか。

少しでも参考になれば幸いです。

コメント