私が使っている”GARNI”のスタメンリング。

今回は私のスタメンリングを一つご紹介します。

突然ですが、メンズでリングを選ぶのって本当に難しくないですか。

一歩間違うと、ホストっぽくなるし、かといってシンプルすぎるのもなんか違う気がするし。

リングは欲しいけど、どこで買ったらいいかわからないと悩んでいる方も多いんじゃないでしょうか。

そんな方におすすめのブランドが”GARNI”

シンプルでありながら、”少しエッジの効いたデザイン”が豊富に揃っているアクセサリーブランドです。

価格は”1万円後半から3万円程度”と少し普段は張りますが、アクセサリーは手入れをすれば半永久的に使えるアイテムなので、少し奮発しても全然いいんじゃないかなって。

SYO
SYO

安いものでいいならAliexpressとかで手に入れるのが一番早いんですけどね。

ただ、せっかくつけるなら品質のいいものをつけて気分を上げたいという人も多いんじゃないでしょうか。

今回はアクセサリーおすすめブランドの”GARNI”に焦点を当てて、簡単なブランド紹介と、私のスタメンリング紹介していきます!

スポンサーリンク

GARNI

デザイナー自ら、型を削り出し、デザインに込めた情熱の温度をそのまま映し出したアクセサリー。

Garnish:料理の付け合わせ、飾り身につける人の個性を引き立てる存在になってほしい、という願いを込めて、GARNIは名付けられました。

料理にひと手間かけた一品を添えるように、デザイナー自らの手で型を削り出し、アクセサリーをつくる。手から伝わる温度感を、私たちは大事にしています。

ガルニ。その言葉を発すると、少し野性味を帯びて、簡単には手なづけられない強さも感じられます。全ての、媚びない仲間たちのために。

アクセサリーの個性や美しさが、身につける人の個性と共鳴して光るものであるように。多様な発想、人それぞれに発する個性の共存。

これが設立当初から一貫してブランドに伝わるムードです。手から伝わる温もりへのこだわりを大事に守りながらも時代の変遷とともに柔軟に生きるGARNIのアクセサリーを男女や年齢にとらわれず、自由に身につけていただきたいと考えています。

引用:GARNI

GARNIの個人的なイメージとしては、シルバーアクセサリーに強いブランド。

代表的なアイテムはやはり”リング”でしょうか。

シンプルでありながらも、少しクセのあるデザインを強みとしており、”曲線とエッジ”が組み合わされたデザインの効いたアイテムが多いです。

私のもっているアイテムもまさしく”曲線”が感じられるデザインになっており、加えて”歪み”もある独特なリングです。

シンプルなただのリングとは違う少しデザインの効いたリングが欲しい人にピッタリのブランドだと感じます。

SYO
SYO

私自身どうせ買うなら少しデザイン性のあるものがいいなと思っていたのでまさにドンピシャでした。

どちらかといえばメンズに刺さるデザインが多そうで、男性ファンが多そうなイメージですが、女性が付けていても非常にかっこいい。

モードな洋服にGARNIのリングを合わせている女性とかめちゃめちゃかっこいいんじゃないかなと思います。

サイズもジェンダーレスに着用できるよう幅広いサイズ展開になっており、サイズで悩むことはなさそう。

加えて、デザインはあるものの、ガチャガチャしていないので、”世代”も問わず着用できるブランドです。

SYO
SYO

変わったブランド名だなとは感じていましたが、Garnishからブランド名が来ているのは私も知りませんでした。ここからは私のリングをご紹介!

SV ナローリング

私が使っているスタメンリングがこちら!

独特な歪みを加えた、華奢な線で表現するナローシリーズのリングです。

3つのリングを組み合わせたようなデザインが特徴的。

GARNIらしい、エッジの効いたデザインで、かなり気に入っています。

素材はシルバー925になっており、内側にGARNIと925の刻印がされています。

一番の特徴はどの角度でもつけてもいいこと。

これが正面の角度だとすると、上から「直線・曲線・直線」の見た目です。

90度反転させてみました。

上から「曲線・曲線・直線」に変化します。

さらに90度反転させると、上と真ん中の曲線具合が変化します。

SYO
SYO

見る角度によって少しずつデザインが変わっていく点が非常にお気に入りです!

実際につけてみると、こんな感じです。

デザインが効いていることもあって、これ1つ着けるだけで存在感のある、非常にカッコいいリングです。

高さがあって大きめのリングにはなりますが、厚みがそこまでないため、悪目立ちはしません。

個人的に、指輪を選ぶときには”厚み”を重視して選んでいます。

というのも、厚みのあるリングは指から浮いてしまい”存在感”が出過ぎるので、かなり上級者向けのイメージ。

なので私は薄めのリングを着用することが多く、GARNIのこのリングも大きくはありますが、厚みがないことでかなり着けやすいリングです。

シンプルなデザインで、服装も選ばず、どんな服装にもマッチします。

カジュアルなスウェットにつけても良し、シャツで綺麗目に合わせても良しと本当に万能。

SYO
SYO

季節問わず、出かける時はこのリングは絶対につけていくリアルスタメンリングです!

こんな感じで他の指にリングをつけた組み合わせもいい感じ。

他の指にリングがあっても、GARNIの存在感は失われず、かといって目立ちすぎてもいない、程よいバランス。

最近はこの組み合わせにはまっていて、リング3つで出かけることが多いです。

SYO
SYO

中指につけたらガチャガチャしちゃうので抜いています。

話変わりますが、手だけの写真て少し怖いですね(笑)

スポンサーリンク

まとめ

今回は、私のお気に入りスタメンリングのご紹介とGARNIのブランド紹介でした。

GARNIは、2万円前後で上質なリングが欲しい方におすすめのブランド。

「リングが欲しいけど、何買ったらいいかわからない、どのブランドで買ったらいいかわからない」って人は一回GARNIの店舗かHPを見てみることをお勧めします。

きっと気にいるリングが見つかるはず。

HP見てたら私も新しいリングが欲しくなってきました(笑)

ではまた。

コメント